「冬の星座」 の 歌詞 の意味は?わかりやすいように解説♪

「冬の星座」という歌の曲、メロディーはよくよく知っていても歌詞の意味を知っていますか?
普段使わない言葉が沢山出てくるので、意味は知らないで歌っていることもあると思います。
「冬の星座」

実は、今や音楽の教科書でお馴染みの文部省唱歌の「冬の星座」は1947年(昭和22年)に『中等音楽 1』に掲載された歌曲です。

スポンサードリンク

 

元々の曲は、19世紀に活躍したアメリカのケンタッキー州ルイヴィルの出身の作曲家、ウィリアム・へイスによる1871年に発表された歌曲『Mollie Darling(Molly Darling)』という曲で、「約束してくれ、ぼく以外の者は愛さないと」と呼びかける愛の歌なんですよ。

ウィリアム・へイスは「故郷の廃家 My Dear Old Sunny Home」や讃美歌512番「わがたましいの したいまつる」の作者としてもよく知られていますね。

 

では、「冬の星座」 の1番の 歌詞の意味を見てみましょう。

木枯らしとだえて
さゆる空より
地上に降りしく
奇(くす)しき光よ
ものみないこえる
しじまの中に
きらめき揺れつつ
星座はめぐる

 

歌詞の訳は、

スポンサードリンク

木枯らしがちょっとやんで
寒さの厳しい星が冴える冬の夜空に
光が地上一面に絶え間なく降り注ぐ
不思議な光よ

すべてのものが息を休め
物音一つしない静寂のなかで
きらきらと光り輝きながら
星座は巡っている

―参考「冬の星座」1番 | 臥竜塾 – 株式会社カグヤhttp://www.caguya.co.jp/blog_hoiku/archives/2005/12/post_101.html―

という感じです。本当に美しい歌詞ですね。

 

一言一言意味を知っておきたい場合には、単語ごとではこうなります。

 

途絶えて  : ちょっとやんで
さゆる    : 冴える、すんで晴れわたる。寒さが厳しくなる。
降りしく   : さかんに降りそそぐ
奇しき    : 霊妙な、不思議な
ものみな    : すべてのもの
いこえる     : やすむ
しじま       : 静かで物音のしないこと。静寂。
きらめき揺れつつ: きらきらしながらゆれ動く
めぐる      : まわる
ほのぼの   : ほんのりと
明かりて    : 明るくなって
無窮       : 天地が広くてかぎりないこと
北斗の針   : 北斗七星のしめす方向

 

 

是非、冬の美しい星空の様子を思い浮かべながら歌ってみてくださいね。

わたしも練習して、子供に歌い聞かせたくなりました。

スポンサードリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • 朝6時半のラジオ体操の首の運動でかかるメロディ
    ーが懐かしく覚えていた片言の歌詞をもう一度確認できました、ありがとう!

    by のぼる 2017年1月11日 8:31 AM

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP