飛行機で化粧水が漏れる?おすすめ液漏れ対策と漏れない容器

スポンサードリンク

旅行ででかける時や、仕事での出張。
飛行機を利用する機会はだんだん増えています。

その時、女性ならばかならず必要になるのが化粧品。

他にも、シャンプーなどのヘアケア品も
持っていきたいですね。

その時よくあるトラブルとして、
荷物の中にいれていた、化粧水やシャンプーなどから、
内容物が漏れることです。

ここでは、そんなトラブル対策を紹介します。

スポンサードリンク

飛行機での化粧水やシャンプーの液漏れ対策には何をする?


液が漏れる原因は、
だいたい二つに分けられます。

まずは、衝撃でふたが開いてしまう場合です。

空港で、スーツケースなどは結構らんざつに扱われます、

われちゃったり、ふたが開いてしまわないように、
タオルなどにつつんで、かんしょう材のかわりにしましょう。

また、なるべく化粧水などの液体の入ったものは、
スーツケースの中央にいれる。

これだけでも、
衝撃による破損で液が漏れることを防ぐことができます。

万が一、破損してしまってもタオルが吸い取ってくれます。

もう一例としては、飛行機の高度です。
高度が上がると、
気圧が下がり、容器の中の空気がふくらんできます。

でも、飛行機の貨物室もきちんと与圧してあるから、
だいじょうぶとの意見もあります。

しかし、なにかあってからでは間に合いません。

気圧の変化でボトル内の空気がふくらむことになり、
ふたが開いたり、キャップから漏れたりします。
対策が必要です。

どうしましょう・・・

なんと!
かんたんな方法があるんです!

ただ、ラップをつかうだけ!

ふたを閉める時に、
一枚ラップ用意して、それをかませるだけでよいです。

ポンっと開けるタイプでも、
クルクルまわして開けるタイプでもできます。

あとは念のため、
ジップロックなどに入れておくとなおよいです。

スーツケースを開いたら、
中がビショビショ・・・
そんな状況からサヨナラできますよ!
 

化粧水やシャンプーが液漏れしないおすすめの詰め替え容器

詰替え容器に小分けしてみては?
必要な量だけ化粧水やシャンプーを持っていくのです。

だいたい化粧水だと15mlで一週間、
シャンプーだと50mlで一週間
結構すくない量ですよ。

小分けして持っていきましょう。

おすすめの詰替え容器は、
シンプルで、
ふたをクルクル回してしめるタイプのものです。

通販でもたくさん売っていますが、
ちゃんと液漏れ対策すれば、
100均などで売っているものでじゅうぶんです。

シャンプーやリンス、
コンディショナーなどのトロトロしたものも、

最後までちゃ~んと使い切ることができる、
便利なものもちゃんとあります。

ぜひ利用してみてください。

100均の詰替え容器の良さは、
とにかくコスパでしょう。

無くなったらゴミ箱へポイ!

それでもいいですが、もちろん再利用もできます。
エコでエー子だなぁと褒められるかも!
 

まとめ

短期でも長期でも、
自分がいつも使っている化粧水、
シャンプー等じゃないとイヤだったりします。

でも、現地にとうちゃくして、スーツケースを開いてみたら、
化粧水やシャンプーなどが漏れて、中身が汚れてしまっている。

テンションだだ下がりです。

ラップを使ってみたり、容器に詰替えをしたり。
いろいろと対策して、よく考えて荷造りしましょう。

そして・・・
グッドフライトを楽しんでください!

スポンサードリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP